So-net無料ブログ作成
検索選択

IEEE1394(FierWire, i.Link)を活用せよ!(2) [組み込み開発]

USB3.0でインテルと他の企業間で仕様の開示、調整がうまくいってないようである。
USB3.0では4Gbpsクラスの速度向上を目指している訳だが、本日はIEEE1394の新たな仕様
1394-2008が承認されている話である。

1394はS800がほとんどのMacに搭載されているが、スピードの拡張はS1600、S3200について決まっていた。
この1.6Gbpsと3.2Gbpsの規格と1394cというイーサーネットケーブルを使った規格が統合され1394-2008として承認されたのだ。

ハードディスクではSATA2(3Gbps)など使用されているが、1394の外付けタイプに期待できるかもしれない。
また、後方互換があるためこれまでの1394に接続することも可能なようだ。
S800と同じように接続線を減らすことで後方互換をとるとおもうのだが、後方互換は重要な事だ。

この承認は8/1づけでされたようなので、早ければ今年中にファーストプロダクトが登場するかもしれない。
今回は、ライセンスを低くしUSB3.0の登場前に普及させてしまうことを祈っている。
USB3.0は2010年に登場を目指しているらしいのでおよそ2年の猶予がある。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。