So-net無料ブログ作成

救済はいらない? [マネー]

サブプライム問題でアメリカでの救済が連日話題になっているが
救済は要らないのではないか?と思っている
少なくとも昨日の市場パニックでそう思った。

昨日の大幅円高やダウ暴落、今日の日経一万割れを見ても自明だが、サブプライム問題にパニックを
起こしているのは、ヘッジファンドや大口投資家自体であるからだ。
昨日はGBPJPYがたかが30分程度の間に10円ほども円高になった。

かつて日本で金融救済した結果、公定歩合は0〜0.5%程度の金利でこの結果キャリー取引の資金となった
税を投入した後には国民の金利は低迷し所得は上がらず、物価は上昇しているのだ。
おまけにワーキングプアーや年金問題など国民が安心して生活できる社会が日本のどこにあるのだろう?

経済合理主義の国だったら、銀行も証券会社も破綻して倒産すればいいのではないだろうか?
このつけはこの問題を起こした張本人とパニックを作り出した投資家が払えばいいのだ。
どんな国だって株や先物市場に資金を投じている低所得層がいるわけないからだ。
噂ではリーマンの社長は豪邸に住んでいるそうではないか。 私財を処分して謝罪するべきだ。

経済が悪化・・と言うが、大量消費社会自体を見直すいいチャンスかもしれない。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。